Cu-hacker for Salesforceのカレンダー表示機能を強化しました

先日のカレンダー検索機能に続く続けのアップデートになりますが、Cu-hacker for Salesforceのカレンダー表示機能を強化しました。

これまで、Cu-hacker for Salesforce上に表示される各行動の情報は時間と件名のみでしたが、「名前」と「関連先」を表示するようにしたほか、マウスカーソルを合わせると各詳細ページへのリンクを含むポップアップが表示されるようになりました。使い勝手の向上はもちろん、同一時間帯に多数の行動が登録されていても行動の判別がしやすくなっています。

追加機能

表示項目の追加とポップアップによる詳細表示

行動にマウスカーソルを合わせるとポップアップによる詳細表示がされるようになりました。また、これまで時間と件名のみの表示であったカレンダー表示にも「名前」と「関連先」が表示されるようになっています。

ポップアップ表示からは「名前」や「関連先」に直接遷移できます

詳細表示の「名前」や「関連先」はリンクになっているため、詳細ページへ直接遷移可能です

動画

Cu-hacker for Salesforceサービス詳細ページ

http://www.co-meeting.co.jp/cu-hacker-for-salesforce/

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社co-meeting 取締役COO / 法人向け(主にSalesforce関連)のソフトウェアサービスの開発・販売をしています / なんでも屋 / Salesforce / SaaS / ITツール好き / 子育て / 楽しい人生を