顧問Salesforceプログラマ

顧問Salesforceプログラマとは、弊社の各種Salesforce関連製品を開発しているコアメンバーが、お客様のSalesforce関連システムの開発プロジェクトに顧問Salesforceプログラマとして参画し、下記業務を実施させていただく開発支援サービスです。

  • 御社が運営/運用する(予定)のSalesforce関連システムの開発支援
  • 御社が運営/運用する(予定)のSalesforce関連システム開発における技術支援及び開発
  • 御社が運営/運用する(予定)のSalesforce関連システムの開発に関連する調査
  • オフライン及びオンラインミーティングの参加・開催(原則オンライン)
  • その他、上記に付随する質疑応答及び関連業務

顧問Salesforceプログラマとは

顧問Salesforceプログラマとは、月額定額の顧問スタイルで、作るものが決まっていない段階から相談に乗り、開発やそれに付随する仕事を進めていきます。Salesforce上での機能開発やAppExchangeアプリの提供に長けた弊社のプログラマが、納品を節目とするのではなく、開発途中やリリース後の変化にも柔軟に対応することを前提に、お客様と継続的な関係を築くために最適なスタイルだと考えています。ポイントは下記の通りです。

月額固定の顧問スタイルでなんでも相談、依頼できる

顧問Salesforceプログラマは、毎月決まった金額の中で「できる範囲」で開発やそれに付随する仕事を誠心誠意行います。開発と直接関係ない相談や調査など、私たちができることは基本なんでも行います。顧問税理士や顧問弁護士のような「顧問」に近い形です。

基本どんなことでも相談できるため、アプリケーションの開発はもちろん、Salesforceや御社のAppExchangeアプリの開発に関連する調査、御社のエンジニアへのスキルトランスファーなど、御社のスピード感やニーズに合わせて柔軟な対応が可能です。

急な仕様変更や優先順位の変更に対応でき、見積も不要

企業内で利用する場合でも、ソフトウェアサービスを提供する場合でも、作るものを決めるタイミングでその完成系が固まっているケースは稀です。リリース後に実際に現場やお客様に利用され始めた後に発生する課題や不具合、ビジネス上の優先順位の変更により開発や対応しする内容は刻一刻と変化していきます。

一般的な納品型の受託システム開発の場合、契約後の要件定義や設計後の変更は契約範囲外となることが多く、対応を拒まれるか、再見積を行った上で対応を検討するか、納品後に追加開発として対応を行うことが多いですが、常に納品という節目が存在してしまうため、それに縛られてしまい、急激な変化には対応が難しくなってしまいます。

弊社の顧問Salesforceプログラマは、その変化を前提として動いておりますので、常にお客様の優先順位や目的を意識しながらその時点で最適な対応を行います。開発開始時やその後の変更時の都度見積も発生しません。

原則として弊社のオフィス及び付随する環境で仕事を行う

顧問Salesforceプログラマは基本御社のオフィスに常駐して働くことはありません。打ち合わせ等が必要な場合はそれに最適な場所や手段でもちろん行いますが、基本すべての仕事を弊社のオフィスやそれに付随する環境で行います。

これは、弊社の事情もありますが、担当する弊社の顧問Salesforceプログラマだけでなく、日々弊社のサービスを開発している他のメンバーのバックアップを受けながら御社の課題に対応しやすくすることや、顧問Salesforceの仕事の時間や効率を最大化することを目的にしています。

その他前提条件

  • 開発用のSalesforce組織へのアクセス権限をご提供下さい
  • 開発用のSalesforce組織へのアクセス権限をご提供下さい
  • 本業務の遂行は原則弊社オフィスおよびそれに付随する場所で実施します。ミーティングについても原則はオンラインですが、必要に応じてオンサイトミーティングも可能です。
  • 各種相談、問い合わせは原則無制限で対応いたしますが、その対応は開発と同一のリソースで実施するため、各種作業状況を考慮し、優先順位をご相談させていただいた上で対応させていただきます
  • 完成時期や納期を明確にお約束することはありません。ご了承下さい。

導入事例

株式会社ネクストビート様

「顧問Salesforceプログラマ」の実績としては、現在株式会社ネクストビート様にご契約をいただき、現在も継続しています。

ネクストビート様は、保育士・幼稚園教諭向け転職支援サイト「保育士バンク」の運営を始め、日本が直面していく「人口減少」というマクロトレンドにおける日本の元気に貢献できる事業を展開されている会社です。

ネクストビート様では、今後の事業の成長をSalesforceで支えるために、日々の営業活動から分析可能なデータが自然に蓄積されていく環境を構築するために、営業のワークフローに沿って業務効率を劇的に改善しながら、その結果自然と必要なデータが蓄積されるようにするための各種機能開発を弊社に一任されています。

 

顧問Salesforceプログラマ お客様事例 株式会社ネクストビート様

2017.05.30

弊社のその他の実績

弊社のその他の実績弊社は2014年8月にSalesforceのアプリケーションビジネスに参入し、現在までに「SalesFollowUp」「Cu-hacker for Salesforce」「CM KanbanBoard for Salesforce」「CM GanttChart for Salesforce」など、4つのforce.comネイティブなサービスをリリースしました。2014年12月には、セールスフォース社主催のプログラミングコンテスト「Salesforceハックチャレンジ2014」において、会議室予約システム「AITA」(製品としては未リリース)で応募、最優秀賞を受賞しました。

これまで弊社がリリースしてきたSalesforce関連サービスは、弊社代表の木村と遠藤の概ね半分程度の工数で開発してきており、今回の提案においても相応のお役に立てると考えています。

弊社がリリースしている各種ソフトウェアサービスについては、こちらをご覧ください。

詳しい情報をご希望される場合は、問い合わせフォームよりご連絡下さい。