Cu-hacker for Salesforceのリストビューの表示項目を変更できるようになりました

Cu-hacker for Salesforceには、各オブジェクトに設定されているリストビューと連動して、Cu-hacker for Salesforceのサイドバーにリスト表示する機能がありますが、従来は表示項目が固定でした。今回、このリストビューの表示項目を各オブジェクトの「検索レイアウト」の「検索結果」の設定変更で変更できるようになりました。

「検索レイアウト」の「検索結果」とは

Salesforceの「検索」ボックスからフリーテキストで入力して検索した際の結果表示に利用される設定です。

こちらの表示設定を変更することで、先頭から3項目をCu-hacker for Salesforceに表示できるようになります。設定変更手順については「Cu-hacker for Salesforceナレッジベース」をご覧ください。


ITエンジニア募集中

 

株式会社co-meetingでは、一緒に働く仲間を募集しています。製品開発とクライアントワークのいずれにもかかわることができ、リモートワークや時短勤務も可能です。