リストビューの表示項目を変更する

リストビューの表示項目変更について

Cu-hacker for Salesforceには、各オブジェクトに設定されているリストビューと連動して、Cu-hacker for Salesforceのサイドバーにリスト表示する機能がありますが、このリストビューの表示項目を各オブジェクトの「検索レイアウト」の「検索結果」の設定変更により変更することが可能です。

「検索レイアウト」の「検索結果」とは、Salesforceの「検索」ボックスからフリーテキストで入力して検索した際の結果表示に利用される設定です。

こちらの表示設定を変更することで、先頭から3項目をCu-hacker for Salesforceに表示できるようになります。

管理パッケージのカスタムオブジェクトの表示項目は変更できません
現在、管理パッケージ(AppExchangeアプリなど)のカスタムオブジェクトの表示項目変更には対応しておりません。ご了承下さい。

リストビューの表示項目設定手順

ここでは、商談オブジェクトを例にご説明します。

「設定」→「ビルド」→「カスタマイズ」→「商談」→「検索レイアウト」をクリックします
他の標準オブジェクトの場合は?
商談オブジェクト以外の設定を行う場合は、「設定」→「ビルド」→「カスタマイズ」から、各オブジェクトを選択。それぞれに「検索レイアウト」がありますので、そちらを選択してください。
カスタムオブジェクトの場合は?
カスタムオブジェクトの設定を行う場合は、「設定」→「ビルド」→「作成」→「オブジェクト」から、各オブジェクトを選択。それぞれ「検索レイアウト」があります。
「商談検索レイアウト」画面に遷移しますので、「商談検索レイアウト」内の「検索結果」レイアウトのアクション「編集」をクリックしてください。

「商談 検索結果」画面に遷移しますので、必要な項目を選択、並び替えを行い、「保存」ボタンをクリックしてください。

表示できるのは3項目まで
Cu-hacker for Salesforceに表示できるのは上記設定の上位3項目までです。ご注意ください。

以上で設定完了です。Cu-hacker for Salesforceを開き、設定されていることを確認してください。