ガントチャートでSalesforceをもっと活用! CM GanttChart for Salesforceをリリースしました。

「CM GanttChart for Salesforce」公開終了のお知らせ

2016.01.29

7月にリリースしたCM KanbanBoard for Salesforceに続く弊社が提供するLightningコンポーネント第2弾「CM GanttChart for Salesforce」を本日リリースいたしました。

CM GanttChart for Salesforceについて

CM GanttChart for Salesforceは、Salesforceの日付や日時を持ったオブジェクトの情報を「ガントチャート」や「リソースカレンダー」で表現できるLightningコンポーネントです。

商談やリードに紐づいたToDoや行動の進捗管理や、各種カスタムオブジェクトを駆使した工程管理など、Salesforceのあらゆる日付を持ったデータをガントチャートやリソースカレンダー形式で管理できるようになります。ガントチャート上では各データの予定幅や日程をドラッグ&ドロップで簡単に編集できるため、スケジュールの全体像を把握しながらプロジェクトや予定管理を行うことが可能です。

是非ご活用下さい。

画面イメージ(クリックで拡大表示します)

  

詳細およびインストールはこちらから

既にAppExchangeには公開済みです。下記のページよりお使いのSalesforce環境にインストールしてご利用いただくことが可能です。設定が難しいお客様のための導入支援サービスもご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

⇒ CM GanttChart for Salesforce紹介HP
⇒ CM GanttChart for Salesforce(AppExchange)