Cu-hacker for Salesforce

「Cu-hacker(クゥハッカー)for Salesforce」はSalesforceをご利用している企業に向けたスケジュール(行動)入力支援アプリケーションです。スケジュールや仮予定を一括で登録をしたり、画面切替えなしで関連先やメンバーの追加をしたりすることができます。Googleカレンダーとの同期・連携にも対応しています。

Cu-hacker for Salesforceの特長

  1. 直感的で使いやすいマルチユーザーカレンダー
  2. 行動計画がはかどる
  3. 日程調整メールを瞬時に作成できる
  4. スマートフォンやタブレットからでも使えるCu-hacker for Salesforce
  5. 全社(Google)カレンダーと同期できるから、Salesforceに集中できる

直感的で使いやすいマルチユーザーカレンダー

日常的に予定や活動記録を入力するためには使い勝手の良いスケジューラーやカレンダーが必要不可欠です。Cu-hacker for Salesforceのカレンダーは、一般的な日、週、月の標準的なマルチユーザーカレンダーの操作性はもちろん、取引先や商談、参加メンバーを効率的に追加出来る工夫も凝らしています。

スライド1Cu-hacker の標準画面はGoogleカレンダーライクなカレンダーです。予定の移動や時間変更のドラック&ドロップや、複数のカレンダーの表示/非表示をクリック操作のみで快適に行えます。

遠い予定や過去の予定に直接移動するにはミニカレンダーを利用すると便利です。

月表示ビューも提供しています。予定にカーソルを合わせれば予定の概要をざっと把握することができます。

名前(リード、取引先責任者)や関連先(商談、取引先、カスタムオブジェクトなど)の入力フィールドにカーソルを合わせると、最近利用した情報が自動的に表示されますため、入力も楽々。

行動計画がはかどる

行動入力をする際に、あらかじめ関連する商談や取引先が入力されていたら便利ですよね。Cu-hacker for Salesforceには頻繁に訪問する取引先や、活動中の商談をリスト表示し、ドラック&ドロップで行動を追加する機能が備わっています。

スライド5Salesforce内の各オブジェクトの「最近利用したレコード」が一覧で表示されます。レコードの検索も可能です。

最近参照したレコードや検索結果をドラッグ&ドロップでカレンダーの任意の場所に行動を作成できます。

日程調整メールを瞬時に作成できる

日程調整メールの作成は面倒です。複数の候補日をテキストで作成するのはストレスの多い作業ですし、曜日や時間の記載ミスも発生しやすく、候補日の提示数が少なければ日程調整のためだけに何度もお客様とやりとりをしなければ行けません。Cu-hacker for Salesforceには、そんな日程調整メールを瞬時に作成する機能が備わっています。スマートフォンからでも候補日を手早く作成することができるため、お客様への対応速度が速くなり、信頼性の向上にもつながります。

複数の候補日時を選択すると、候補日時を羅列したテキストが自動生成されます。これをメール等にペーストして利用すれば、面倒でミスも生みやすい候補日連絡も迅速に対応できます。

候補日を元に仮予定の登録も可能です。仮登録時にも名前や関連先の設定が可能です。

仮登録が完了すると、通常の予定と異なる色で【仮】とついた予定が追加されます。

予定が確定したら、「予定として確定」として保存すると、他の仮予定を自動的に削除してくれます。

スマートフォンやタブレットからでも使えるCu-hacker for Salesforce

Cu-hacker for Salesforceはスマートデバイスからの利用に対応しています。Salesforce1アプリからの利用はもちろん、スマートフォンのブラウザから直接Cu-hacker for Salesforceを参照することで、より迅速にCu-hacker for Salesforceにアクセスすることが可能です。

Googleカレンダー同期機能

Salesforceに活動を記録していくためには、Salesforceに予定を含めて登録しておくことが近道ですが、全社で利用しているカレンダーがSalesforce以外のカレンダーの場合はなかなか大変です。Cu-hacker for SalesforceのGoogleカレンダー同期機能を利用すれば、Salesforceを利用する営業担当者はCu-hacker for Salesforceから予定を入力しさえすれば、Googleカレンダー側の予定更新を無視できます。全社へのスケジュール伝達はCu-hackerに任せ、Salesforceの利用に専念できる環境を提供しませんか?

Googleカレンダー同期機能(オプション)を利用すると、Salesforceの行動オブジェクトとGoogleカレンダー(Google Apps)の双方向同期が可能です。また、Googleカレンダー連携機能を利用すると、Googleカレンダーの情報をCu-hacker for Salesforce上で参照・転記できるようになります。

この2つを組み合わせると、Salesforceユーザーの行動データの同期と、Salesforceユーザー以外の人のGoogleカレンダーの予定をCu-hacker上で確認出来るようになります。

ロードマップ

推奨動作環境

Webブラウザ Internet Explorer 10 – 11、Firefox 最新版、Chrome 最新版、Safari 最新版
Salesforceエディション Enterprise, Unlimited, Force.com, Developer, Performance

販売パートナーについて

現在、co-meetingではCu-hacker for Salesforceの販売にご協力いただける販売パートナー様を募集しています。詳細は、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。