co-meetingの更新情報をHipChatに通知できるようになりました

先日、HipChatとの連携機能をリリースしました。

具体的には、HipChatの指定のチャットルームへco-meetingの更新情報を流すことができるようになりました。更新できる情報は下記の2点です。

  1. ミーティングの作成通知
  2. ミーティングの更新(の書き込み)通知

ミーティングの更新については、リアルタイムで議論している全てのメッセージがHipChatに表示されるのはとても鬱陶しいため、一定時間(5分)書き込みがなかった場合のみ通知するように設定しています。そのため、感覚的には書き込み通知と言うよりは、「議論の開始」の通知と言ったところですね。

image002

上記のように、更新/作成されたミーティングと所属するグループ名がわかるようになります。HipChatはサービス連携に長けたチャットサービスということもあり、いくつかのサービスと組み合わせて利用することで、各サービスの挙動と人の動き(操作等)をチームで追いやすくなるかと思います。

連携方法

HipChatとの連携はグループごとに行います。画面上部「▼」をクリックして「このグループの設定を変更する」をクリックします。

image003

すると、グループ設定のダイアログが開きますので、「サービス連携」タブを選択し、必要事項を入力します。

image004

設定項目については、ダイアログ内に記載されていますので、そちらを参照してください。

image005

連携例(HipChat + Pivotal Tracker + co-meeting)

参考までに利用例をご紹介します。せっかくなので、co-meetingだけでなく、Pivotal Trackerも組み合わせて利用してみます。

1. Pivotal TrackerでStoryを作る

image006

2. ついでに、このStoryについて議論するco-meetingのミーティングも作成する

image007

3. すると、HipChatには、Pivotal Trackerとco-meetingの両方からの通知が送られます

image008

HipChatを見ている他のメンバーは、Pivotal Trackerに新しくStoryが追加されたことと、Storyに関するco-meetingミーティングが作成されたことを、HipChat上で確認できることになります。

4. HipChatの通知に気づいた他のメンバーが後からco-meetingに何かを書き込めば

image009

5. それもまた、HipChatに通知されるわけです

image010

HipChatもco-meetingもコミュニケーションツールなのですが、co-meetingと組み合わせて利用する場合は、各システムからの通知や即時性を求められる連絡やちょっとした雑談をHipChat。Pivotal TrackerのStoryのような、テーマごとまとまった議論や情報共有をco-meetingで行うようにすると、流れてしまって構わないフロー情報とまとまった情報を棲み分けすることができて便利です。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%895

「起動→チャットルーム( or 人)→会話」となるHipChatと異なり、「起動→グループ→ミーティング(テーマ)→会話」となるco-meetingは、即時性が求められる連絡手段には向かず、何らかのテーマに沿ったまとまった議論や情報共有に向いています。一方で、co-meetingのまとまった議論のすべてがHipChatに流れてきてしまうのは鬱陶しいため、通知が送られてくる程度でちょうどいい。

また、現状スマートフォン用のアプリを提供していないco-meetingですが、HipChatに通知を流すことで、HipChatのアプリでco-meetingの更新情報を確認することができます。

こうした他のツールとの連携は、今後も継続的に実施していく予定です。APIの提供状況によって連携できないツールもあるかと思いますが、ご要望があればお知らせいただけると嬉しいです。

是非試してみてください。