チャットワーク(ChatWork)にもco-meetingの通知を流せるようになりました

チャットワークAPIの限定プレビュー版が開始され、弊社もAPIキーを有効にしていただいたので、先日のHipChatに続いてチャットワーク(ChatWork)との連携も行いました。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%892

連携内容もHipChatと同様で、チャットワークの指定のチャットルームへco-meetingの作成および更新情報を流すことができます。

image003

連携時のイメージは上記の通りですが、チャットワークは個人に対してAPIキーが発行されるため、通知はAPIキーを利用した人のアカウントで投稿されます。ですので、実運用に乗せる際には他システム連携用のユーザーをチャットワーク上に作成して利用するのが良いでしょう。

連携方法

チャットワークとの連携はco-meetingのグループごとに行います。co-meetingのグループとチャットワークのグループチャットを紐づけるようなイメージです。画面上部「▼」をクリックして「このグループの設定を変更する」をクリックします。

image004

すると、グループ設定のダイアログが開きますので、「サービス連携」タブを選択し、必要事項を入力します。設定項目については、ダイアログ内に記載されていますので、そちらを参照してください。

image005

以上で設定は完了です。

終わりに

チャットワークAPIは現在プレビュー版ということもあり、現時点では更新通知のみの対応ですが、今後時期をみてタスクやその他機能との連携も検討していく予定です。チャットワークをご利用で、co-meetingにもちょっと興味持たれていたり、既に併用されていたら、是非試してみてください。

「Googleカレンダー同期機能」正式リリース!


GoogleカレンダーとSalesforceの行動データを双方向に同期できるCu-hacker for Salesforceの「Googleカレンダー同期機能」をリリースしました。お客様のSalesforce環境にインストールしてトライアルを行うことも可能ですので、是非お気軽にご利用下さい。