本日、co-meetingはオープンベータに移行しました

本日(2012年2月15日)、co-meetingはオープンβに移行いたしました。今後はどなたでもご利用することが可能になります。それに伴い、グループの作成やグループごとのメンバー数制限等も緩和いたしましたので、より幅広くご活用いただけます。

co-meetingは昨年11月11日にプライベートβリリースして以来、システムの負荷とサービスの完成度の状況を鑑みて、ベータ利用をお申し込みいただいた方に限定して公開してきました。その間、多くの方々にフィードバックを頂きました。ありがとうございます。皆様のご利用状況や頂いたフィードバックへの対応状況を踏まえ、より多くの人にご利用いただけるインフラの整備や機能改善を行い、今回オープンβに移行することになりました。

オープンβへの移行に併せて、画像・ファイル添付機能やGoogle Waveからのインポート機能を始めとする機能追加、修正を行っています。co-meetingの活用の幅を大きく広げる機能ですので、この機会により一層co-meetingをご活用いただければ幸いです。

今後ともco-meetingをよろしくお願いいたします!

会議、情報共有の幅を広げるファイル/画像添付機能

ライブタイピングチャットおよび同時編集エディタの任意の場所に、画像やファイルを添付できるようになりました。これにより、関連資料の情報共有や、画像を利用したイメージの伝達など、co-meetingを利用した会議やディスカッションの幅が広がります。

tumblr_lze34xu93d1r6hlpv

Google Waveインポート機能を試験的に公開します

Google Waveは、2012年1月31日にread-onlyとなり、2012年4月30日にサービス停止となります。今回はGoogle Waveからのインポート機能を試験的に公開します。Google Waveに蓄積された情報資産の退避環境として利用することで、既存のGoogle Wave資産の有効活用につなげます。なお、グループでの利用を前提としたco-meetingの性質上、インポート機能には下記の制限事項がございますが、ご了承ください。

  • Google Waveのユーザーアカウントとco-meetingのユーザーアカウント情報はひもづきません(アバター画像や投稿者の記載はインポートされます)
  • Google Waveのアクセス権限情報は引き継がれません。指定のco-meetingグループへのインポートとなります
  • OpenSocail Gadgetのインポートが可能ですが、動作は未サポートです

その他

  • どなたでも新規グループの作成が可能となりました
  • 作成出来るグループ数の制限がなくなりました
  • 追加出来るメンバー数が10人から30人になりました
  • グループの追加を誰でもできるようになります
  • アバター画像を直接アップロード出来るようになりました。既に設定されているGravatarの情報は継続して利用可能ですが、その後Gravatarのアバター画像を変更してもco-meetingには反映されませんのでご注意下さい

「Googleカレンダー同期機能」正式リリース!


GoogleカレンダーとSalesforceの行動データを双方向に同期できるCu-hacker for Salesforceの「Googleカレンダー同期機能」をリリースしました。お客様のSalesforce環境にインストールしてトライアルを行うことも可能ですので、是非お気軽にご利用下さい。