グループ機能を利用する

Cu-hacker for Salesforceでは表示するカレンダーをグループで管理することができます。作成したグループは表示するカレンダーの切り替えに利用できる他、行動作成字の参加メンバーの追加時にグループを指定することで、参加メンバーの一括登録も可能です。

Cu-hacker for Salesforceにグループ機能が登場。表示するカレンダーの迅速な切り替えと参加メンバーの一括登録が可能に

2017.08.07

グループの作成手順

  1. Cu-hacker for Salesforceを開きます
  2. 下図の赤枠の箇所をクリックし、がレンダーリストの表示枠を拡げます
  3. グループ名の右側の「v」ボタンをクリックします
  4. グループ一覧が表示されますので、「グループ新規作成」ボタンをクリックします
  5. 「グループ新規作成」ダイアログが表示されますので、「グループ名」「グループカラー」を記入/選択し、「保存」ボタンをクリックしてください
  6. グループが作成されました
  7. テキストボックス「同僚のカレンダーを追加」から検索/追加し、作成したグループにユーザーを追加してご利用ください

グループの切り替え方法

  1. Cu-hacker for Salesforceを開きます
  2. 下図の赤枠の箇所をクリックし、がレンダーリストの表示枠を拡げます
  3. グループ名の右側の「v」ボタンをクリックします
  4. グループ一覧が表示されますので、表示したいグループをクリックしてください
  5. 以上で完了です。必要に応じてグループを切り替えながらご利用ください

行動作成時にグループを指定して参加メンバーを一括登録する手順

「予定の詳細」の編集画面においてメンバーを追加する際にグループを指定して参加メンバーを一括登録することが可能です。

  1. 予定の編集画面を開きます
  2. 右上の「メンバー」下部のユーザーアイコンをクリックします
  3. すると、アイコンが切り替わり、グループを選択できる状態になります
  4. 参加メンバーに一括登録を行いたいグループ名を入力して検索するか、表示されたグループを選択します
  5. 選択したグループ内のメンバー全員が一括登録されます
  6. 以上で完了です。行動の他の入力項目を確認した上で行動を保存してください